アフィリエイト収入を得るために。最短アフィリエイターデビュー。【技術情報】17.05.30

副業でアフィリエイト収入を得たい、アフィリエイトだけで生活できるようになりたい、不労収入を得たい、などアフィリエイトに既に取り組んでいる、またはこれから取り組みたい方などみなさん目標は様々ですが、とにかく多かれ少なかれ「稼いでみたい」という目的は同じかと思います。
私も一時は何か商材を仕入れたり、独自のサービスを作って売っていかないといつまで経っても稼げないな、と思っていましたが、メディア運営でアフィリエイト収入が稼げるようになると、商品やサービスを独自で仕入れたり生産して売るのは手間がかかりすぎるので、あまり考えられなくなりました。
アフィリエイトは商品在庫も持たず、梱包や発送作業、事務作業も必要なく、ただ企業のサイトへ送客するだけで稼げるのでかなり効率よく稼ぐことができます。
SEOサイト自体も作ってしまえば、しばらくはほとんど作業も必要ないので、その間はどんどん新しいジャンルのSEOサイト制作を行えば、1人でもかなり効率よく稼げてしまいます。
しかし、アフィリエイターの90%は一カ月に1,000円も稼げておらず、残りの10%のアフィリエイターが数十万円から数百万円を稼ぐスーパーアフィリエイターと言われています。
アフィリエイトで稼ぐためにはとにかく自分のWEBサイトやブログにアクセスを集めることが必要です。(見込み客のリストを取得してメルマガなどアフィリエイトをする方法もあります。)
WEBサイトやブログにアクセスを集めるためには注目されるようなコンテンツや記事を書いたり、とにかくページ数(コンテンツ数)を増やすことです。
しかし、闇雲に記事を量産していても労力の割になかなかアクセス数が伸びませんし、成果が上がるまでに時間がかかるとモチベーションも下がるでしょう。
また、成果(利益)につながりやすいアフィリエイトプログラム(商材)選びも重要です。
ここではアフィリエイトで成功するためのポイントをいくつかご紹介していきます。

アクセス数の多い見込みワードをコンテンツタイトルにする

まず、アクセスを集めなくては成果に導けません。
しかし、とにかくアクセスを集めればいいというのではなく、その紹介している商品に興味があり購入してくれそうないわゆる「見込み客」のアクセルを集めることが重要です。
見込み客のアクセスを集めるにはできるだけ検索数の多く、見込み客が使ってるであろう見込みワードをタイトルに入れてコンテンツを作ることです。
タイトルに「~ランキング」などとしてランキング形式で紹介するコンテンツや「~おすすめ」や「~[目的]」、「~[メリット]」など、具体的に例えば「水素水 おすすめ」、「女性薄毛 改善」などの見込みワードで狙うのであれば
「おすすめ水素水、ここだけは押さえておきたいポイントと選び方」や
「薄毛で悩む女性の方は必見、薄毛改善7つの間違い。」
などです。

広告

検索数の多い見込みワードを調べるにはYahoo!プロモーション広告やGoogleアドワーズなど、リスティング広告の管理画面にある「キーワードアドバイスツール」、「キーワードプランナー」で過去のデータをもとに月間検索予想数が確認できます。
このツールはリスティング広告を運用したことがない方でも利用申し込みするだけで無料で利用できますが面倒だという方はYahoo!やGoogleの検索エンジンで適当なキーワードで検索すると検索結果画面の最下部に「○○に関連する検索キーワード」として現在、多く検索されている類似関連ワード(サジェスト)が表示されますのでこれを参考にする方法もあります。
ただし、このサジェストはYahoo!の場合、広告管理画面のキーワードアドバイスツールなどのように過去数年単位の多くのデータを参考に表示されているわけではなく、今現在という過去数週間のデータを参考にされており、テレビやメディアで紹介され、一時的な話題性や流行で表示されているケースも多いので注意してください。
(※Googleの場合は過去数年を参考に表示されています。)

商品名をコンテンツタイトルにする

もう一つ必ず行っておきたいのが、アフィリエイトで紹介する商品名で記事を書いておくことです。
アフィリエイト広告は重複成果が必ず発生します。
重複成果となった場合、広告主は一番最後のクリックを成果とし、その他のクリックでの送客は成果不承認とします。
見込み客が検索エンジンで商品を探す時の行動は、まず自分に必要な商品を探すために「40歳化粧品」や「敏感肌化粧品」、「保湿化粧品おすすめ」など商品ジャンルの特徴やメリット、自分の悩みを解決するにはどんな商品があるのかを知るためのキーワードで検索します。
そこでいろいろな競合商品と比較し、最終的にどの商品にするか判断します。
その後、その商品についての口コミや評判、デメリットなどを調べるために商品名で検索をします。
つまり、購入間近の「今すぐ客」は最終的に商品名や企業名で検索する可能性が高いということです。
そこで、今すぐ客が使用する商品名ワードで上位表示できるようなコンテンツを準備しておくことで成果が確定されやすくなります。
画像を多く使い、実際に使用した感想をレビュー形式で紹介するとSEO的にも良いですし、コンバージョンもしやすくなります。

PPCアフィリエイトとは?

検索数の多い悩み別見込みワードでSEOで上位表示させて成果を出すには競合も多く、当然難易度が上がり、上位表示させるまでに時間と労力がかかります。
そこで、PPC広告を利用して見込み客のアクセスを短期間で集めて成果を出す、というのがPPCアフィリエイトと呼ばれるものです。
しかし、競合の多い見込みワードは1クリック、500円から1,000円と年々高騰しており、アフィリエイトで普通にPPC広告を使ってもほぼ赤字になります。

広告

前述したように見込み客は最後には商品名で検索して商品の口コミや評判を調べて購入を決定することが多いです。
このことを利用してアフィリエイトで紹介する商品名ワードでPPC広告の出稿をします。商品名、企業名での入札は比較的競合が少なく、必然的にクリック単価(CPC)も安く抑えられてアフィリエイトの成果を出しやすくなります。
また、商品名でWEBページを制作しておけば、SEO的にも難易度の高いビッグワードで上位表示を狙うより商品名検索で上位表示し、商品名検索の今すぐ客のアクセスを稼ぎやすくなります。
このようにアフィリエイト競合が既に多い場合はPPC広告を利用して最終クリックを獲得する方法、これが一般的に言われるPPCアフィリエイトです。
低い上限CPCを設定し、複数のアフィリエイトプログラムと提携しPPC広告で出稿しまくれば、「数打ちゃ当たる」で成果が出やすくなります。
言わば、最終クリックの横取り戦略とも言えますね・・・。
(※このPPCアフィリエイトで稼ぐ方法については、ネットで検索するとかなりグレーな方法も出てきます。リスティング違反でもお構いなしで、とにかく量産、大量出稿して承認されればラッキー、というような荒稼ぎ的な方法は、マーケティングなどではなく、邪道なのであまりオススメできません。)
しかし、広告主にとって、企業名や商標、商品名は最もコンバージョンしやすいワードです。アフィリエイターに同ワードでPPC出稿されてしまうと、CPCが高騰してしまうので、ほとんどの広告主は成果条件としてPPC(リスティング)広告NGワードとしていることが多いです。
この場合は同ワードでのPPCアフィリエイトは利用できませんので、商材を選ぶ前にPPC(リスティング)広告NGワードを確認してください。
(もちろん、アフィリエイトの成果報酬額が高いプログラムの場合は悩み別見込みワードでLPに誘導して成果を出すことも可能かもしれませんし、本来はこの方法がアフィリエイターのマーケティングであり、正しい方法です。)

検索数の多い商材を紹介する

需要の高そうな商材を探すことも重要です。既にアフィリエイター競合が多くなっているとなかなか成果を上げるのは厳しくなりますが、アフィリエイトサイトがまだ少ない商品で最近テレビやメディアなどで紹介され話題になったばかりの商品などの場合はチャンスです。
いち早く情報を入手し、素早く紹介ページ作成して成果を上げましょう。

積極的な広告主を見極める

アフィリエイトプログラムは自動承認と手動承認があります。自動承認は提携申請すると即提携となり、アフィリエイトが開始できますが、手動承認の場合は広告主の企業の担当者が手動でチェックして審査に通れば承認となって提携されます。
自動承認でない手動承認の広告主の場合、承認も非承認もされずにいつまでも、ほったらかしにされる場合も結構あります。
すぐに承認された広告主のプログラムは現状アフィリエイト広告に積極的に取り組まれているということなので、今後もレスポンスの良いやり取りができるでしょう。
問い合わせは広告主に直接問い合わせ可能なASPとASP経由で問い合わせしないといけない場合がありますが、いずれにしても問い合わせして何か月もほったらかしにされる広告主は信用できません。

信頼できる広告主のアフィリエイトプログラムを選ぶこと

前述したように提携申請をいつまでもほったらかしにされる広告主も信頼できませんが、アフィリエイターがアフィリエイトに取り組んでいて一番困るのがプログラムの商品の価格や紹介コンテンツに関する内容を頻繁に変更されたり、アフィリエイト広告自体を撤退されることです。
せっかく今までその商品を時間をかけて調べて研究してきたのに、それらのデータ全てが一瞬で無駄になってしまいます。

広告

稼ぎやすいアフィリエイトプログラムは?

見込みワードで上位表示されているプロの先輩アフィリエイターのHPやブログで紹介されている商品は一般的に売りやすいといえます。
プロのアフィリエイターはできるだけ報酬額が高く売りやすい商品を選ぶのが得意ですので、その先輩アフィリエイターの紹介する商品を紹介すれば売りやすいことになります。利益が出やすい商品を調べたり、探したりする手間や時間が節約になります。
しかし、それは他のアフィリエイターも同じように考えますので、その商品を紹介するアフィリエイトサイトは増えていき、商品の紹介文も似たり寄ったりになり、SEO的な難易度も上がっていきます。
既に楽天やアマゾンなど他社大手ポータルやリアル店舗での販売が行われるなど販路が多い商品の場合も競合が増え、売れにくくなります。

商材のジャンル選びも重要です。 商品単価が高いものほど、成果報酬額も高くなりますので売れた時の報酬が大きくなり効率が良いように思いますが、商品が高いので売れにくく難易度が上がります。具体的には高額商品や債務整理関連や薄毛改善のためにクリニックへ来院させるようなプロモーションなどです。
おすすめなのは商品単価が安く成果報酬額が高い商材です。そんな商材あるのか?と疑問に思われるかもしれませんが、実はリピート性の高い商材であれば商品単価よりも高い成果報酬額を設定している企業が多いです。
例えば、健康食品や化粧品が一般的ですが、無料同然の価格でトライアルセットやお試し商品を成果としていることが多いので、数百円のトライアルセットのため売れやすい上、成果報酬額として数千円など、商品価格の4倍~7倍というプロモーションも多いですので効率よく稼ぐためにはおすすめです。

EPCや確定率が高いプログラム

EPCとはアフィリエイターがサイトから送客して、どのくらいの確率でコンバージョンしているかという指標です。
確定率とはコンバージョンして成果として管理画面に上がってからキャンセルされずに成果が確定された割合です。(キャンセル理由としては重複成果や顧客の購入キャンセルやイタズラ購入、アフィリエイターの不正などがあります。)
A8などではブラックランク以上で管理画面で確認ができるようになります。
「EPCや確定率が高いと成果が上げやすい」ということが言えます。
ただし、ASPのプログラムの仕組み上、EPCや確定率が正しく計測できないケースが実は多くあります。
それは広告主が複数のプログラム登録をしていて、購入ページの商品完了画面が全プログラムで同一の場合は1つの成果に対し、複数のプログラムで重複して計上されてしまうため、広告主は実際にコンバージョンしたプログラム以外の成果をキャンセル処理することになり、結果的にEPCや確定率が下がってしまいます。
大手のカートシステム(ECサイト)などを利用している場合、一般的には購入完了ページは共通です。
また、広告主の企業は複数のアフィリエイトASPに登録していることも多いので、その場合、成果が複数のASPで上がってきてしまいます。
複数プログラムのケースと同じく、複数ASPの場合でも最終クリックの1件のみを成果確定とし、その他のASPの成果に関してはキャンセルとして処理されます。
ですので、決して「EPCや確定率が低い」=「成果につながりにくい」というわけではなく、あまり気にする必要がないケースも多いです。
また、人気のある商材の場合、どうしてもリスティング違反をするアフィリエイターも多くなり非承認率も上がってきます。

広告

ASP担当者との関係はドライ・・・

アフィリエイトで稼ぎ出す前でも人気ワードで上位表示ができてくると色々なASPから登録しませんか?と誘いの連絡が来るよになります。
クローズドASPの担当者からももちろん誘われます。
ほんと問い合わせても今まで相手にされなかったのに、SEO上位表示ができるようになると手のひらを返したように、特別単価でいかがですか?と連絡があちこちからくるんです(^^;)
そして、1年以上成果が出せないと今度は手のひらを返したようにメール連絡など無視されます。
すごくドライな関係ですが、ASP担当者も日々自社の利益のためにメディア営業をしているので全てに対応するのは無理なのでしょう。
成果があげられなければバッサリと切られてしまいます。
あまり気にせず、成果の出ている案件で良い関係を築けているASP担当者からの商材を紹介してきましょう。

アフィリエイトはWEBマーケティング

アフィリエイトで稼ぐためにいろいろと試行錯誤していると、マーケティングの知識が重要ということがわかってきます。
市場調査や商材選び、ランディングページのコンバージョン率、これら売れるための一連の流れを最適化していくこと全ては、つまりWEBマーケティングなのです。
マーケティング技術が高い方はアフィリエイトに取り組むと、比較的成果が出しやすいでしょうし、逆にアフィリエイト経験の長く成果を上げている方は高いマーケティング技術が身についているはずです。
アフィリエイトを学べばマーケティング技術も身についていくでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
「WEBaseとつながろう!」LINEでマーケティング情報を定期的に発信していきます。集客に興味がある方は、友達登録お願い致します。
Contents
使命は集客、戦略的WEB集客サポート「WEBコンサルティング」
戦略的ホームページ制作・リニューアル
「WEBaseとつながろう!」LINEでマーケティング情報を定期的に発信していきます。集客に興味がある方は、友達登録お願い致します。
ページTOPへ