メルマガアフィリエイトは稼げない。。という人は商材選びがマズイかも。

メルマガアフィリエイトは稼げない。。という人は商材選びがマズイかも。

先日、メルマガアフィリエイトを取り組んでいたが1年経っても全く稼げない、という方から「メルマガでアフィリエイトしたら稼げる、というのは嘘じゃないの?」と、相談を受けました。

結論から言うと、
「メルマガアフィリエイトは稼ぎやすい」

というか、SEOや広告でも稼げますが、楽に稼げるようになるまでには時間がかかるのに対し、メルマガアフィリエイトはリストさえ集まれば初心者でも比較的簡単に短い期間で稼ぐことができます。

「稼ぎやすい」と言っている人はその分野で「稼ぐ能力があった人だけ」、
ということも多いですが、メルマガアフィリエイトはやり方を間違わなければ他のアフィリエイトと比べて成果が出るまでが早いです。

いつまで経ってもメルマガアフィリエイトで稼げない、という方は、この記事を最後まで読んで、もう一度確認してみてください。

メール開封率を上げる

メルマガアフィリエイトでメールの開封率を上げることが重要なのは当たり前です。
ここでは開封率を上げる最低限のテクニックについてご紹介していますが、他の多くのサイトでも紹介されている内容なので、必要のない方は読み飛ばして、次の項目に進んでください。

メールの開封率の平均は業種や読者層によって変わるので一概に言えませんが、リストを集める際に使った広告やLPの内容が、売ろうと思っている商材とちゃんと合致していれば、通常の読者であれば20~30%程度、休眠読者では5%程度が目安です。

開封率が20%に満たない場合は、メール開封率を最優先に改善してください。

メールの開封率はご存知の通り、メールタイトル(件名)で決まります。
メルマガの内容やLPなどのコンテンツも重要ですが、そもそもメールが見られていなければ、記事やLPのクリック測定やABテストもできません。

メール開封率が上がるメールタイトルを作る方法を具体的にご紹介します。

緊急性を入れる

「期間限定」や「数量限定」など、急がないといけない理由を入れてみましょう。

  • 【残りあと8個!】ほぼ完売となり皆様ありがとうございました。
  • 無料でDLできるのは【今日まで!】(明日からは○○円で販売)
  • セミナールームの関係で【20名だけ】ご招待します。

ただし、販売を期間限定としておきながらその後も販売し続けたり、在庫を少なく見せかけるなど、嘘は絶対にいけません。
広告としての景品表示法違反はもちろん、読者の信頼を裏切る行為はメルマガ解除に繋がります。

数字を入れる

文字だけのタイトルよりも、「期間」や「金額」、「数量」、「人数」などの数字を入れることで具体的になり、興味がもたれます。

  • お金を使わずに1週間で○○万アクセスを達成した方法を明日実演します。
  • CV率が20%超えの5つの案件を特別に公開しちゃいます!

インセンティブを入れる

何かの特典が貰える、ということを入れると効果的です。

  • 【「開封率2倍の極意」無料ダウンロード!】セミナー参加者限定
  • 会員登録で10,000名に5,000ポイントが当たる!

メリットを入れる

読者にとってのメリットは、読者の悩みを理解すれば見えてくるはずです。

読者の悩みは、関連するキーワードを調査すればだいたい分かってきます。

例えば、「メルマガ開封率」でどのような悩みがあるかラッコキーワードで調査してみると、

メルマガ開封率 上げる
メルマガ開封率 平均
メルマガ開封率 曜日
btob メルマガ開封率

などと表示されます。

メルマガ開封率をどのように上げるか、
平均はどれくらいか、
曜日ごとの開封率の違い、
BtoBでの開封率はどれくらいか、
などという悩みや関心があることが分かります。

この場合、

  • メール開封率の平均をジャンルごとにご紹介!
  • メルマガは何曜日に送る方がいい?メール開封率が高い曜日と時間帯教えます。
  • BtoB商材はメルマガ開封率が低い?そんなことありません。開封率を上げる簡単な方法。

などといったタイトルにすると、開封率が上がる可能性があります。

名前を入れる

最近のメルマガ配信スタンドでは、自動的に受診者の氏名を挿しこむ機能があります。
この差し込み機能を使って、

○○さん!もう読みました?

と名指しで問いかけたり、

○○さんにも、是非お願いしたいです!

とお願いすると「自分だけのメール」という感じが出て、開封率が上がります。

記号を入れる

メールを使っていると、日々受信するメールが増えていき、メルマガは他のメールに埋もれて見落とされてしまいます。

「【】」や「★」、「◆」、「♪」などの記号をタイトルに入れると、重要な語句が強調でき、他者のメールよりも目立たせることができます。

広告っぽさを出さない

企業のメルマガは基本的に広告ですので、メールタイトルも広告っぽいものが多いです。

前述した「緊急性を入れる」、「インセンティブを入れる」、「数字を入れる」などは、いかにも広告っぽくなってしまうので、他社のメルマガに埋もれて開封率が下がる可能性もあります。

タイトルの冒頭で広告っぽくない表現(「名指し」、「問いかけ」、「メリット」など)を使い、後半で緊急性、インセンティブ、数字などを入れるといいでしょう。

  • ○○さん!先日の資料はDLされました?「<先着10名限定>CV率10%超え案件の探し方オンラインセミナー」
  • 遅くなりました・・・「これだけでいい、メール到達率を90%以上にする3つの方法」

ちなみに、

メール開封率が劇的に改善する理由は○○だった!
薄毛には意外なアレが効果的って知ってました?

などの伏字は、気になるので開封率が高まることもありますが、あまり連発したり、内容に見合わないと不信感につながります。

最近Youtubeのサムネ画像なんかでも伏字のキャプションが増えてきましたが、いつも見ていたチャンネルのYoutuberの方も連発し始めて、見てほしいのは分かりますが内容が伴わないガッカリ感でイメージが悪くなりましたね。

広告規定なんかでは伏字はポリシー違反としていることも多いので、読者に信頼し続けてもらうためには、あまり使わない方がいいでしょう。

また、ビックリマーク「!」はインパクトがあり目立ちますが、使いすぎると嘘っぽくなります。
上記で紹介した手法もむやみに多用すると効果が下がってきますので、「ここぞ」という時に使うようにしましょう。

信頼を得る前の売り込みは慎重に

よくマーケティングや営業の書籍などで、「売り込みをした途端、客が興味を失くして去って行ってしまう」などということが書かれています。

セールスマンは売り込む前に何度も足を運んで話をして信頼関係を築く、これはメルマガアフィリエイトでも同じことです。

しかし、半年間は売り込まずに我慢、などと言うマーケッターもいますが、実はそんなことはありません。

本当に読者に必要な商材であれば、信頼関係など築けていなくても売ることができます。

そのためには、いかに読者の悩みを理解して必要なものを提案できるか、にかかります。

「読者の悩み」は、ターゲットとする読者が検索エンジンでどのような検索ワードを使って調べているかを調査すればだいたい予想することができます。

キーワードの調査には、Google広告やYahoo!広告のキーワードプランナーやキーワードアドバイスツール。
同社の広告アカウントがなければ、無料で利用できるラッコキーワードなどでも調べられます。

ただし、使ったことのない商材を「オススメ」として紹介するのは、ユーザーの信頼を裏切る行為です。

何でも売れればいい、というのではなく、たとえ信頼関係が築けていない時でもあなたが本当に良いと思った商材を薦めるように心がければ、将来的に信頼関係が築けてリピーターになり、さらに売れるようになります。

また、コンバージョン率を高めたいがために、「残り○○個!」や「明日まで」などと、数量限定や期日を切るなどするのはかまいせんが、絶対に嘘はいけません。

広告の景品表示法などに抵触しますし、ユーザーは少しでも騙そうとすればメルマガ解除につながります。

カウントダウンのスクリプトなども印象が悪くなるのでやめましょう。

セールスメールはコンバージョン率を意識すること

メルマガの内容や集客用のLPはコンバージョン率(購入率や申込み率)が最大限になるようにラインティング(執筆)する必要があります。

メルマガアフィリエイトで稼げない、という人はライティングに問題があるかもしれません。

せっかく集めたリストに対して読了率が悪い場合は、解除にもつながり勿体無いので、コンバージョン率を改善するために読了率を意識しましょう。

読了率がどれくらいなら問題ないか、リストの集め方や登録時期、コンテンツの長さにもよるので一概には言えませんが、開封率が20%とすると登録後すぐのメールでは、80%以上は読了させるべきです。

メルマガの読了率の計測は難しいので、本文内のリンクがクリックされたかどうかで判断します。

ただし、「読了したけどクリックはしなかった」ユーザーは計測されないことになるので、この点は予め考慮しておく必要があります。

クリック率 ≒ 読了率

本文内のリンククリックはセールスの前の段階としてハードルの低いものにすることで、より正確に計測できます。

例えば、

  • [商品]を利用した結果はこちら
  • こちらのようにとても分かりやすい画面です。

など。

メルマガの読了率を高めるためには、読み進めたくなるようなライティング(コンテンツの書き方)が必要です。

かと言って作家のようなプロのライティング能力が必要というわけではありません。

重要なのは「読者の悩みに共感することです。

読者の悩みに対して、あなた過去と共通点があることを具体例を出して表現するだけです。

  • ネット広告で見た数々のダイエット商材に騙されましたね・・・~
  • 小さい子供って一度「イヤ」って言い出したら、なかなか聞いてくれないんです・・・
  • 借金すれば何とかなるだろうと思っていたら、既に借金があるとどこも貸してくれないんですよね・・・

など。

できれば、説明が長くならないよう、できるだけ短い文章で簡潔に表現できることが理想ですが、極端に言うと信頼さえ得られれば小学生の作文レベルでも問題ありません。

もし文章に自信がなければ、クラウドソーシングなどを利用してプロにライティングを依頼するのもオススメです。

SEOサイトのように、文章量、コンテンツ量が必要なわけではないので、リーズナブルにコンバージョン率の高いコンテンツが手に入ります。

依頼する際には、具体的にメルマガアフィリエイトで利用する旨をライターに伝えることで、コンバージョンできるライティングにすることができます。

読者の悩みに共感すること」を伝えて依頼してみて下さい。

ランサーズなどでクオリティの高いランサーに依頼すればコストパフォーマンスも高く、1コンテンツ数千円で費用も安く抑えられます。

メルマガで使用するので読者の悩みに共感するような文章で、文字数稼ぎのないようできるだけ簡潔で分かりやすいライティングをお願いします。
読者の悩みは具体的に○○や○○といったことがあります。

という風に、読者の悩みを事前に調査し共有して依頼すると、内容の修正はほとんど不要な状態で納品されます。
(※段落の位置や言い回しなどの微調整は必要です。)

商材選びはとても重要。オススメは継続課金型商材!

本当に良い商品を使ってみてから紹介できたらいいのですが、アフィリエイト商材を全て体験してみる、というのは金銭的にも大変なので、使ったことのないものを紹介して薦めるのもアリです。

しかし、競合商品との比較や評判など、調査もせずに報酬額の高い商材を適当に「オススメ」として紹介するのは問題です。
当然購入には到りませんし、逆に信頼を損ねてメルマガの配信解除をされてしまいます。

扱う商材は評価の高い商品か十分調査してから薦めてください。
評価が高い良い商品であれば、紹介しやすくコンテンツも書きやすくなるはずです。

メルマガアフィリエイトといえばお金儲けやコンプレックス、恋愛、といったジャンルの情報商材と相性が良い、とよく言われます。

確かに、メルマガで情報商材は売りやすいです。
ただし競合も多く、SEOサイトで自動的に集客できるようになるまでに時間がかかります。

また、基本的に自分の成功体験をコンテンツにしないと説得力が出ないので、まだ成功していないアフィリエイト初心者の方には難しくなります。
(※嘘で「成功した」としてもそのうちボロがでますし、読者さんとの信頼を裏切る行為は配信解除となるので絶対にいけません。)

そこでオススメなのが、継続課金型商材(サブスクリプション系商材)です。
継続課金型商材であれば一度売れてしまえば、ほとんどの場合、その後も継続的に収益(成果報酬)が続くことが多いので、売れば売るほど収入が増えていきます。

継続的な収益があれば、SEO順位も神経質に気にする必要もなくなりますし、LTVが高いため集客に広告を使っても利益が出しやすくなります。

A8.netやバリューコマース、JANetなどの大手のアフィリエイトASPでは、継続課金型商材を扱っていることは基本的にありません。

継続課金型商材はサービス提供会社独自でアフィリエイト運営していることが多く探しづらいので、下記に成果が出しやすい継続課金型商材をいくつかご紹介します。

オンラインカジノ系

オンラインカジノは日本では違法ですが、海外で運営されているものを日本から利用する分には今のところ違法ではありません。

過去に逮捕者が出た事例がありますが、複数の法律家や海外から警察側が批判され、結果的に罰金を支払い、略式起訴。

その後、1人のプレーヤーが裁判で争う姿勢を見せると、警察・検察側はそれまでの主張を一転、起訴を取り下げる不起訴処分とし、以降、日本ではオンラインカジノの利用が事実上の「完全無罪」という世論、認識に到っています。

ただし以前、山口県阿武町の誤送金問題でも話題になったこともあるため、今後見せしめ的に日本で起訴、有罪となる日本在住のプレイヤーも出てくる可能性はあります。

基本的には日本在住者向けにオンラインカジノを勧めるWEBコンテンツは犯罪の幇助に当たる可能性があるため、 「オンラインカジノが違法ではない海外に住む日本人向けのコンテンツ」という立場でアフィリエイト記事を書いていきましょう。

<注意>

似たようなサービスで「インターネットカフェカジノ」というものがあります。
これは、インターネットカフェの営業と見せかけて、客にオンラインカジノで賭博をする場所を提供し、実際に現金のやりとりを行う違法のサービスで完全に違法です。

サムライクリックという、海外のオンラインカジノを専門とするASPでは、日本語にも対応した複数の海外オンラインカジノを扱っており、ASP自体の日本語サポートも充実しています。

商材となるオンラインカジノ自体も、その国の政府による運営許可ライセンスを取得しているものだけを扱っており、イカサマなどの心配もないということです。

カジノなので、「儲かる」というような薦め方はできませんが、オンラインカジノは国内のギャンブル(競馬やパチンコ、宝くじ)よりも還元率が高く、ゲームの種類も豊富で、大人の暇つぶしのお遊びとしては十分楽しめます。

【還元率】

競馬 → 70
パチンコ・スロット → 80
宝くじ → 45
オンラインカジノ → 97

オンラインカジノの中でもブラックジャックでは、還元率が100%を超えるものもあります。
意外と魅力の多いオンラインカジノは、登録をサポートするコンテンツなどを作れば、成果に結び付けやすいのでオススメです。

(※サムライクリックの場合、報酬の受け取りは「ecoPayz」経由のみとなります。)

FXや株式投資系

株やFX系は大手のアフィリエイトASPでも高額な成果報酬で扱っていますが、継続課金型としては扱っていません。

やはり、取引きの度に手数料の数%が成果報酬として支払われる継続課金型の案件がオススメです。

FXであれば、XMTradingが、独自のアフィリエイトを提供しており、1ロット3~10$支払われます。
良質なトレーダーを獲得できれば、数十万、数百万といった報酬が獲得することも不可能ではありません。

XMTradingは海外のFXなので、日本のようにハイレバレッジの規制がなく、ゼロカットシステムも採用しており、一攫千金が狙える可能性があるため薦めやすいです。

ただし、海外FXのアフィリエイトは日本の金融庁から規制を受けており、必ず「日本居住者を対象としたものではありません」という記載する必要があるので注意してください。

オンラインカジノの場合と同じく、海外に住む日本人向けコンテンツとする立場でアフィリエイト記事を書くことになります。

XMTrading以外では、取り引きした分の10%の現金が毎回キャッシュバックされるという海外FXサービスファイナルキャシュバックもおすすめです。

パートナーFX業者が多いので訴求しやすい業者を選んで、取り引きの度に10%の現金がキャッシュバックされることを訴求すると、成果をあげやすいでしょう。

アフィリエイト報酬はユーザーが取り引きしてキャッシュバックされた10%分のさらに10%で、毎回継続します。

マーケティングサービス系

広告管理ツールやマーケティング系のサービスを提供している会社では、独自のパートナー制度を提供していることも多く、その場合ほとんどが継続課金型です。

パートナーの対象を法人としていることもありますが、中には個人でもパートナー申請可能な場合もあります。

マーケティング系ツールはかなり多機能で難しいと感じるかもしれませんが、一度契約すればまず解約はない商材なのでオススメです。

例えば「アメブロアクセスupサービス」や広告運用自動化ツール「Shirofune」など個人でも提携可能です。

法人限定では、LINE集客に特化した企業向けには、LINE顧客管理ツール「Liny」が競合サービスがなくオススメです。

継続課金商材があるアフィリエイトASP

情報商材を主に扱うアフィリエイトASPと言えば インフォトップ
実はインフォトップには情報商材だけでなく、継続課金商材も扱っています。

せどりツールや輸入買い付けシステム、オンラインスクールの受講、アクセスアップツールなど様々で、高額なものでは購入者が継続利用してくれる限り毎月数千円の成果が支払われる案件も多数あります。

アフィリエイトで安定的に成果が出せない方は、 インフォトップ の継続課金商材を集中的に取り組んでみましょう。

その他、出会い系やアダルト系、ギャンブル系などでも継続課金型が多いですが、いつまで経っても成果が確定しないなど広告主とのトラブルも多いので注意が必要です。

到達率の高い使いやすいASP(メルマガスタンド)を使う

メルマガスタンドのメール到達率に満足していますか?

メルマガアフィリエイトは、せっかく多くのリストが集まってもメール到達率が悪ければ、なかなか成功しません。

また、メルマガスタンドの利用料は安いものでも月額3,000円程度からで、初期費用は数万円かかります。
上手くいくか分からないのに高額な初期費用が必要ということで、利用をためらっている方も多いと思います。

そんな方にオススメしたいのが、初期費用無料で月額3,300円から利用できるMyASPです。

MyASPは初期費用無料で月額費用も安いにもかかわらず、読者数、配信数、ステップメールシナリオ数の全てが無制限で使い放題。
独自IPやサーバーが汚れない対策が常にとられているため、肝心のメール到達率もかなり高く言うことなしです。
もちろん、LINE配信も可能です。

機能もかなり充実していて、いろいろなメルマガスタンドを使ってきた筆者も最終的にMyASPで落ち着きました。

メルマガアフィリエイトをしている人のほとんどがMyASPを使っている理由も分かります。

契約縛りなどもなく、既存のリストの流し込めるので、他社からのの乗り換えも安心です。

ちなみに、無料のメルマガスタンドもありますが、ほとんどの場合共用サーバーで同じサーバー内の他の人の使い方が影響するので、到達率も悪くなりがちです。

また、取得したメールアドレスも一括エクスポートできないどころか確認すらできないので、他のメルマガスタンドに引越ししたり、分析ツールにインポートしたりといった活用ができません。

顧客リストは資産です。
いつでも自由に活用できるよう有料のメルマガスタンドを選択することをオススメします。

WEBaseのメルマガに登録する

現在、アフィリエイト初心者向けのプロに勝つためのアフィリエイト戦略を、メルマガ登録いただいた方にお伝えしてますので興味のある方はご登録ください。
メルマガ登録はこちらから

  • 広告
  • 広告
メルマガ登録

HPやSNS、WEB広告、SEOなどでの集客方法、アフィリエイターとして個人で稼ぐ方法、など不定期で配信します。
疑問や質問なども内容によってはお答えしています。

・・・必須項目)

PageTop

CATEGORY