ECサイトのカートシステム(ASP型)を比較。将来性を考えたネットショップの始め方。 24.06.13  (更新: 

  • HOME  >  
  • 【WEBサービス】  >  
  • ECサイトのカートシステム(ASP型)を比較。将来性を考えたネットショップの始め方。
ECサイト、どれがいい?

企業や個人事業主がインターネット上で商品を売るためには、楽天やYahoo!ショップ、Amazonといったモール系サイトに出店して売る方法、自社のECサイトを立ち上げて売る方法などがあります。
個人ではメルカリやヤフオクなどの個人売買サイトで売る方法が簡単でお手軽ですが、ここでは事業として継続的にECサイトで物販していくことを前提にご紹介していきます。

モール系ECサイトで販売する方法

楽天やアマゾンといったモール系ECサイトは既に集客ができているため、出店すれば比較的早くに成果が上げられる可能性があります。 モール内会員の加え、商品カテゴリページがGoogle、Yahoo!などのSEOで上位表示していたり、リスティング広告に出稿されていたりします。
しかしモールへの集客はできていても モール内での競合が多い場合、モールでの集客施策は必要になってきます。
例えば、モール内でのSEOや広告の利用、クチコミ対策などがあげられます。 楽天のケースでは一度売れるとその後も楽天内で上位表示されやすいという傾向があるため、既存客に他商品へのクロスセルやアップセルを促すメルマガを配信したり、CV率を改善しながらSNSや広告での集客を行います。

また楽天やYahoo!ショッピングの場合、HTMLやCSSのコーディング技術があれば モール系ECでの出店とは分からないような 独自のブランドデザインのテンプレートでページを作成することも可能です。
モール系ECサイトを使う場合のメリット、デメリットは下記です。

    【メリット】

  • 出店までの準備が簡単
  • 集客がすでにできている

    【デメリット】

  • 売上規模が大きくなると出店料や売上手数料が高くなる
  • モール内でのSEO対策が必要
  • モール内での価格競争が起きやすい
  • テンプレートが競合他社と共通のため、独自ブランド色を出しにくい
  • 顧客情報が取得できない

既に集客できているモール系ECに簡単に出店できるのは魅力的ですが、売上規模が大きくなってランニングコストが高くなってきたり、 既存顧客の分析やメールマーケティングができないのは、本格的にEC事業をしていくには物足りなさを感じるかもしれません。 また、基本的にモール側のポリシーに従う必要があるため、利用料金の変更や販売ルールの変更、顧客とのトラブルによるアカウント閉鎖のリスクもあります。

自社ECサイト(ECカート)で販売する方法

自社ECカートの種類には大きく分けて 自社サーバーを準備してインストールして構築する 「オープンソース型」と、 クラウド上でアクセスして構築する 「ASP型」があります。 違いはセキュリティやアップデート、障害時のメンテナンスを自社でするかプラットフォーム側でするかの違いです。
既存のシステムを使わずに0からシステムを自社開発する方法(フルスクラッチ)もありますが、 開発コストが莫大で開発の難易度も高くなります。

自社ECサイトで販売する場合のメリット、デメリットは下記です。

    【メリット】

  • 独自ドメインとデザインでブランディング展開できる
  • カスタマイズ性が高い
  • 販売手数料が安い、または必要ないECもある
  • 顧客データが取得できる

    【デメリット】

  • 構築に手間と時間がかかる
  • カスタマイズには多少技術が必要
  • 集客にはSEO対策が必要

ただし、デメリットにあるカスタマイズが必要なケースは 特別なデザインや機能を必要とする場合で、 最初から準備されているテンプレートだけでも出店は可能です。

パッケージ型のECカート

オープンソースで無料で自社サーバーにインストールして自由に開発できるのがパッケージ型のECカートです。 ASP型と違って、制限がなく自社開発によって自由に機能拡張ができるのが魅力ですが、 自由度が高い分、専門性の高いプログラミング技術が必要です。
また、自社サーバーなのでセキュリティやアップデート、障害の対応などのメンテナンスは自社で行う必要があります。

知名度の高い「EC-Cube」(イーシーキューブ)

EC-CUBEは、あらかじめデザインテンプレートやプラグインが用意されていますが、 基本機能だけを利用する場合であっても、プログラムやサーバーなどの専門知識がないと開発は難しいでしょう。 ただし導入実績が多く知名度も高いため、開発を代行してくれる外注会社は多いため、ASP型では対応できないようなカスタマイズが必要なECを検討している場合は専門業者に相談してみるといいでしょう。
もし自社で管理できる技術力があれば、運用コストはASP型よりも安く抑えられるかもしれません。

ASP型のECカート

自社ECカートで今最も主流なのがASP型のECカートです。 面倒なサーバーの管理は全てASP側で行ってくれるため、運用のハードルが低く、利用料もかなり安い場合もあります。

ASP型のECカート選定では、 機能やカスタマイズ性、管理画面のユーザビリティやメンテナンス性も重要ですが、集客に関わるSEOの部分が特に重要です。
基本的にECカート各社、ページのソース生成やディレクトリ構造に関してはSEOを意識して生成されていますが、 ページの読み込み速度に対応できなかったり、 カテゴリページや商品ページのSEOコンテンツの生成、 ブログ機能がなかったりとカスタマイズの柔軟性に多少差があります。

また、将来の販売方法の変更や商品のバリエーションの増加、 マーケティング環境の変化などに対応できるような柔軟なカスタマイズ性と拡張性も非常に重要になってきます。
本格的にECで事業展開するのであれば、拡張性、カスタマイズ性の高いECカートを選定して下さい。

海外で主流となりつつある「Shopify」(ショッピファイ)

Shopifyは世界規模で利用者がとても多い人気のECカートで海外ECでは主流となりつつあります。 多様な業種のECサイトに対応でき、将来性に関して申し分ありません。 世界175か国21言語に対応し、多言語対応や越境ECにもとても強いECカートです。
Shopifyは世界中の人や企業によって多くのアプリ(※Shopifyにインストールするだけで機能が追加できる)が開発されており、 フロント側だけでなく運用側や外部ツールとの連携できるアプリなど様々な機能が追加可能で、 Shopifyで対応できないECサイトはないと言ってもいいくらい拡張性に優れています。
Shopifyの無料お試しはこちらから。

Shopifyにデメリットはある?

Shopifyに特にデメリットというべき点は見当たりませんが、 もし無料のECカートを使っていたり、実現したいことが簡単なものであれば、 Shopifyの利用料が高いと感じたり、構築方法が難しいと感じる方もいるかもしれません。
カスタマイズ性の高さから高度な機能も実装できますが、 そのためにはHTMLやCSS、Shopify独自の開発言語「Liquid」などそれなりの知識と技術が必要です。

(※本ページはプロモーションが含まれています。)

  • 広告
  • 広告

関連記事

PageTop

CATEGORY