インラインスタイルが及ぼすSEOの影響について。【Q&A】12.12.02

インラインスタイルが及ぼすSEOの影響について教えてください。

SEOは確実なことが言えないのは分かっていますが、意見を伺いたいです。
今制作しているWEBサイトがかなりのボリュームで、あまり使わないCSSはHTML内にインラインスタイルとして記述しています。
SEOに悪い影響がないか心配です。

また、CSSのファイルが長くてサイズが大きいとSEOで不利になりますか?

全く大丈夫です。
インラインスタイルはHTMLソースが長くなるという意味では多少SEO的に不利になるといえるかもしれませんが、順位が変わるほどの影響はないと思います。
インラインスタイルで管理がしにくくなければ特に気にする必要はありません。
CSSファイルは通常、管理の面から外部ファイルとして用途毎で分けるので1ファイルではそれほど大きくなることはないと思いますが、そのHTMLページで必要なCSSファイルだけ読み込むことでHTML1ページの総ファイルサイズは抑えられるはずです。
CSSやJSなどの外部ファイルを含めたHTML1ページの総ファイルサイズがあまりにも大きい場合は読み込みが遅くなりユーザビリティが落ちるのでSEOには悪影響がありますが、CSSファイルだけで読み込みが遅くなるほどのファイルサイズになるとすればHTMLページのコンテンツボリュームが大きすぎるのではないでしょうか?
1ページ内のコンテンツが膨れ上がってきたら見やすくするためページを細分化するなどした方がユーザビリティ的にもいいと思います。
クローラーがCSSを読み取っている可能性は他サイトの多くの記事で見ることがありますが、以上のことから読み込み速度に影響がなければあまり気にしていません。
HTMLソースが長くなることによるSEOの悪影響についてはヘッダーで外部ファイルを極端に多く読み込んでいる場合、多少あるようです。
JSなどフッターに書けるものはフッターに移すなどの可能な範囲でクローラーに負担をかけない対策は必要です。
サーバーが常に重かったり読み込みが遅いことなども多少悪影響がありそうです。
これはユーザビリティの観点から考えるSEOの影響です。

しかし、SEOで最も大きい影響は被リンクです。
被リンクの影響と比較すればその他の内部対策は微々たるものです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
「WEBaseとつながろう!」LINEでマーケティング情報を定期的に発信していきます。集客に興味がある方は、友達登録お願い致します。
Contents
お知らせ 一覧
使命は集客、戦略的WEB集客サポート「WEBコンサルティング」
お試しWEBコンサルティング
完全成果報酬型SEO対策「インジーニアスSEO」
戦略的ホームページ制作・リニューアル
「WEBaseとつながろう!」LINEでマーケティング情報を定期的に発信していきます。集客に興味がある方は、友達登録お願い致します。
ページTOPへ