大手のSNSやブログなど何故、無料で使えるのでしょうか?【Q&A】12.11.27

大手のSNSやブログなど多機能で便利なサービスが何故、無料で使えるのでしょうか?
何か使っていて気をつけることはありますか?

インターネットではWEBサイト(SNSなどのWEBサービス)のアクセスを上げるために各運営企業が競争した結果、「無料で使える」が当たり前になってきています。
有益なWEBサービスでも基本無料にしないと戦えない状況です。
とにかくアクセスさえ上がればSEOにも強いWEBサイトになりますし、広告効果も上がりますので広告主を募って広告費を稼げたりもします。
このようにWEBの世界ではまずは申し込みや利用してもらうための敷居を下げる、つまり無料にすることで後からプランアップなどで料金を発生させたりして、アクセス数を増やすことでそのWEBサイトの利用価値を高め、収益につながるという考え方が主流です。
このように無料のサービスでも利用者が増えることでメリットも多くなるのです。

WEBサービスを利用する際、気をつけることといえばそのサービスの種類によりますがmixiやYahooの知恵袋などインターネット全般に言えることですが色んな人が情報交換するので間違った情報もありますし、ある業者が自社のサービスや商品の売り上げを上げるために関連する記事や話題、コミュニティに対して自社サイトのURLを張って薦めたり、騙して勧誘されることもあるので注意が必要です。
あとは画像のアップロードや個人が特定できるような情報は掲載しないということくらいでしょうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加
「WEBaseとつながろう!」LINEでマーケティング情報を定期的に発信していきます。集客に興味がある方は、友達登録お願い致します。
Contents
お知らせ 一覧
使命は集客、戦略的WEB集客サポート「WEBコンサルティング」
お試しWEBコンサルティング
完全成果報酬型SEO対策「インジーニアスSEO」
戦略的ホームページ制作・リニューアル
「WEBaseとつながろう!」LINEでマーケティング情報を定期的に発信していきます。集客に興味がある方は、友達登録お願い致します。
ページTOPへ