ホームページのTOPページを情報のない演出的な扉ページだけにしたり、フルFlashのTOPページはSEO上、良くないでしょうか?【Q&A】12.10.16

ホームページの扉ページをフルFlashで制作して数秒後がクリックなどでホームページのTOPページを表示するのはSEO上、良くないでしょうか?

ホームページの扉ページとは下記のようにドメイン名だけで表示できるページのことでしょうか?

http://www.ドメイン名.com/ ← 扉ページ
http://www.ドメイン名.com/top.html ← TOPページ

通常、フルFlashのサイトはSEO上、良くないとされています。
それはクローラーがFlash内のテキストが読めないからです。
Flash内のダイナミックテキストであればいくつか読み取ってくれるようですが、どういう仕様かははっきりしません。

今回の質問の場合、内容がほとんどない演出上の扉ページをFlashで制作し、メインのTOPページに遷移させるというイメージかと思いますが、要はSEO的に不利かどうかというより、ユーザビリティを考えてください。
最初にアクセスしたユーザーはいいのですが、リピーター(常連ユーザー)がアクセスする度に同じ扉ページの演出を何回も表示させるのはいかがなものでしょうか。
また、クローラーも扉ページをホームページのTOPページと認識することはなく、おそらく「http://www.ドメイン名.com/top.html」をTOPページとしてインデックスする可能性が高いと思います。そうすると扉ページは無意味なアクセスされないページとなってしまいますので、トップページはtop.htmlではなく扉ページと同じ、ドメインでのアクセスの状態(同じURL)で表示を切り替える仕組みを作る必要があります。
一般的なホームページと違い特殊な演出が重要なホームページもあるでしょう。
そのような場合はSEOは気にせずに迷わず演出やデザインを優先してください。
SEOのためにユーザーのためのデザイン、演出を犠牲にしてユーザビリティを落としてはいけません。
SEO対策の優先度としては

  • 「ユーザビリティ」
  • 「デザイン」
  • 「SEO」
  • 「メンテナンス」

が理想です。
(メンテナンスはWEBサイトの性格によっては上下します。)

SEO的に不利といわれる、サイト構造でもユーザビリティが高ければアクセスが上がってきます。
SEO対策のためにホームページを作るのではなく良いホームページを制作することでSEO対策も伴ってくるのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
「WEBaseとつながろう!」LINEでマーケティング情報を定期的に発信していきます。集客に興味がある方は、友達登録お願い致します。
Contents
お知らせ 一覧
使命は集客、戦略的WEB集客サポート「WEBコンサルティング」
お試しWEBコンサルティング
完全成果報酬型SEO対策「インジーニアスSEO」
戦略的ホームページ制作・リニューアル
「WEBaseとつながろう!」LINEでマーケティング情報を定期的に発信していきます。集客に興味がある方は、友達登録お願い致します。
ページTOPへ