SEO業者が行うSEO対策は全てブラックハットSEO!【技術情報】14.04.11

検索エンジンのガイドライン違反となるブラックハットSEOを行うSEO業者は良いSEO業者でしょうか?

ガイドライン違反に当たらないSEO対策は一般に公開されている技術ですので競合の多い検索ワードでは効果がないことは容易に想像できます。
そのため、ガイドライン違反を行うことでライバルよりも上位表示できる、つまりSEO効果が出てくるわけですが、いかに検索エンジンからペナルティを受けずに検索エンジンを欺き続ける対策を行える業者が実力のあるSEO業者であると言えます。もちろんこれはブラックハットSEOです。

昨今、検索エンジンの度重なるアルゴリズムの改善によりSEO対策のペナルティを受けるケースが多くなってきており、業者が行うSEO対策も厳しい状況であるため、ガイドライン違反を行わないSEO対策で効果的とされる「コンテンツSEO」というものが注目を浴びてきています。
しかし、コンテンツSEOというものはホームページ内の構造を最適化、有益なコンテンツを充実させるという昔からある地道な方法で理想的な考え方なのですが何も目新しい技術という訳ではありません。初心にかえるという考え方になります。
また、SEO業者の提案によるクライアント側の協力は必須で手間と労力がかかり、かなりの負担になることが多く、当然時間もかかります。

SEO業者がSEOに対して費用を請求する以上、良いか悪いは別として短時間で上位表示することがやはり「SEO業者としてのSEO対策」であると思います。
ブラックハットSEOは検索エンジンのガイドライン違反である以上、当然、常にペナルティを受けるリスクを伴い続けます。
将来、もしペナルティを受けて大幅な順位下落が起きたとしてもたちまち経営が悪化するようなことのないよう、ホームページ以外からの集客も常に意識し対策しておく必要はありますし、ペナルティを受ける対象となりえるホームページ自身もコンバージョン率を高めるための効果検証や改善、ブラックハットSEOを行わなくても上位表示できるよう検索エンジンの推奨する純粋なSEO、つまり前述のコンテンツSEOも行っていくことが重要です。

SEO業者に依頼するブラックハットSEOは時間のかかるコンテンツSEOや事業が軌道に乗る、または回復するまでの「暫定的な対策」と考えるといいと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加
「WEBaseとつながろう!」LINEでマーケティング情報を定期的に発信していきます。集客に興味がある方は、友達登録お願い致します。
Contents
お知らせ 一覧
使命は集客、戦略的WEB集客サポート「WEBコンサルティング」
お試しWEBコンサルティング
完全成果報酬型SEO対策「インジーニアスSEO」
戦略的ホームページ制作・リニューアル
「WEBaseとつながろう!」LINEでマーケティング情報を定期的に発信していきます。集客に興味がある方は、友達登録お願い致します。
ページTOPへ