オールドドメインのSEO効果について【技術情報】13.06.27

Googleは自作自演リンクなどのリンク操作はスパムの対象としていますのでおすすめはできませんが、オールドドメインは上手く使えば確かにSEO効果があります。

「オールドドメインのSEO効果」で検索するといろいろ情報が出てきますが、取得の注意点としてその取得予定のドメインの下記を確認してみましょう。

  • 「スパム認定を受けていない」
  • 「被リンク数」(質も確認)
  • 「ページランク」(ページランク偽装が行われていないこと)
  • 「ドメインエイジ」(ドメイン年齢)

オールドドメインで作ったホームページを被リンク偽装用のサイトとして使いすぎるとスパム認定を受ける原因になりますので注意が必要です。

オールドドメインの取得方法としてはオールドドメイン専門の販売業者もありますし、オークションなどでも販売しています。
オールドドメインは海外では取得激化しており、オークションなどでは価格は数十万円まで跳ね上がることもありますので良質はオールドドメインはなかなか取得が難しいのが現状です。
また、効果のないドメインに高額な費用を払わないためにも予め取得する際に価値のあるドメインかを調査することが重要です。

運よくオールドドメインを取得できたとしても上手く運用しないとページランクやオーソリティがリセットされてオールドドメインを取得するための今までの時間と費用が水の泡になってしまいます。
良質なオールドドメインの取得は「取得から運用」までそれなりの高い知識と技術が必要になってきます。

オールドドメインで制作したホームページから被リンクを偽装することはGoogleにとって、スパム行為です。
リスクを冒してSEO偽装のための時間と労力を費やすよりも地道にコツコツとあなたのホームページ育てていくことをお勧め致します。

このエントリーをはてなブックマークに追加
「WEBaseとつながろう!」LINEでマーケティング情報を定期的に発信していきます。集客に興味がある方は、友達登録お願い致します。
Contents
お知らせ 一覧
使命は集客、戦略的WEB集客サポート「WEBコンサルティング」
お試しWEBコンサルティング
完全成果報酬型SEO対策「インジーニアスSEO」
戦略的ホームページ制作・リニューアル
「WEBaseとつながろう!」LINEでマーケティング情報を定期的に発信していきます。集客に興味がある方は、友達登録お願い致します。
ページTOPへ