301リダイレクトのブラウザのキャッシュ【技術情報】12.02.29

ホームページやWEBページの移転などで旧URLの転送やURLの正規化で.htaccessの301リダイレクトを使うことがよくある。
しかし、301リダイレクト(恒久的な移転)を設定するには注意が必要。

ブラウザのキャッシュがひどい・・・
ユーザーが故意にブラウザのキャッシュをクリアする操作をしいないと、ブラウザを再起動しようが、PCを再起動しようが残っている・・。
ブラウザのキャッシュが満タンになれば自然と消えるかもしれないが、そんなもの待っていられない。
FireFox、IEとも同じ仕様のようで、301は恒久的な移転なので問題ないとは思うが、間違った301リダイレクト設定をして、2日後に気付いて修正したとしたら、その2日間でアクセスしたユーザーには正常なリダイレクトがされないままになってしまいます。

【間違い】 http:www.webase.jp/aaa/ → http:www.webase.jp/bbb/
【正解】 http:www.webase.jp/aaa/ → http:www.webase.jp/ccc/

この場合、一度でも「aaa」にアクセスしたら、「bbb」への301リダイレクトをブラウザがキャッシュしてしまい、「ccc」にリダイレクト設定に修正しても「ccc」にはリダイレクトされなくなる。

設定ミスを許さないブラウザ・・・恐るべし・・・

このエントリーをはてなブックマークに追加
「WEBaseとつながろう!」LINEでマーケティング情報を定期的に発信していきます。集客に興味がある方は、友達登録お願い致します。
Contents
お知らせ 一覧
使命は集客、戦略的WEB集客サポート「WEBコンサルティング」
お試しWEBコンサルティング
完全成果報酬型SEO対策「インジーニアスSEO」
戦略的ホームページ制作・リニューアル
「WEBaseとつながろう!」LINEでマーケティング情報を定期的に発信していきます。集客に興味がある方は、友達登録お願い致します。
ページTOPへ