検索エンジンが順位を決める要因【技術情報】11.10.08

ホームページのSEO対策を行う上で知っておきたいのが、検索エンジンが順位を決める要因です。 SEOmozが行っている調査で2009年に72人のSEOプロが調査に参加して、答えてくれた質問は下記のようになるそうです。 http://www.seomoz.org/article/search-ranking-factors おおよそ下記になります。 【プラス要因】 ・外部サイトからの被リンクの質。 ・外部サイトからの被リンク数。 ・コンテンツの量。 ・コンテンツの更新頻度。 ・ソーシャル要素の質や数。(FacebookやTwitterなどのフォロワー数や質) ・タイトルタグのキーワード使用。 ・WEBサイトの表示スピード。 ・ドメイン年齢。 【マイナス要因】 ・隠しテキスト。 ・不自然なキーワードの詰め込み。 ・無意味なワードサラダによるページ量産。 ・クローキング。 ・被リンク購入。(ペイドリンク) ・スパム認定を受けたサイトへのリンク。 マイナス要因の「スパムサイトへのリンク」は注意が必要ですね。
見ず知らずのサイトからの相互リンク依頼などは特に理由がない限り、お断りした方がいいかも知れません。
このエントリーをはてなブックマークに追加
「WEBaseとつながろう!」LINEでマーケティング情報を定期的に発信していきます。集客に興味がある方は、友達登録お願い致します。
Contents
お知らせ 一覧
使命は集客、戦略的WEB集客サポート「WEBコンサルティング」
お試しWEBコンサルティング
完全成果報酬型SEO対策「インジーニアスSEO」
戦略的ホームページ制作・リニューアル
「WEBaseとつながろう!」LINEでマーケティング情報を定期的に発信していきます。集客に興味がある方は、友達登録お願い致します。
ページTOPへ