SEO対策をする上で重要になってくる、「ロングテールSEO」とは?【技術情報】11.09.28

WEBサイト(ホームページ)のSEO対策をする上で「ロングテールSEO」という考え方があります。


ビッグワード、例えば「歯科医院」、「美容院」、「ラーメン屋」などはターゲットが広いので、検索数が多く、アクセス数も高くなります。
当然、競合性も高くなり、上位表示させるにはかなり困難になってきます。


しかし、目的のユーザー(有効なユーザー)の割合は極端に少ないと考えられるでしょう。
東京の人が「ラーメン屋」と検索して、京都のラーメン屋が検索されても、コンバージョンには至りません。


そこで、「京都 歯科医院」、「京都烏丸 美容院」、「烏丸御池駅 ラーメン屋」というキーワードに絞って、SEO対策した場合、検索数は少なくなりますが、目的(条件)を絞ったおかげで、確実に有効なユーザーの割合は上がってきます。
しかも、競合性も低くなるので、比較的、上位表示を目指せます。


この考え方を「ロングテールSEO」といいます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
「WEBaseとつながろう!」LINEでマーケティング情報を定期的に発信していきます。集客に興味がある方は、友達登録お願い致します。
Contents
お知らせ 一覧
使命は集客、戦略的WEB集客サポート「WEBコンサルティング」
お試しWEBコンサルティング
完全成果報酬型SEO対策「インジーニアスSEO」
戦略的ホームページ制作・リニューアル
「WEBaseとつながろう!」LINEでマーケティング情報を定期的に発信していきます。集客に興味がある方は、友達登録お願い致します。
ページTOPへ