格安コンテンツライティングサービス比較【BLOG】16.02.04

格安のコンテンツライティングサービスを何回か利用してみました。

Ferret(フェレット)とコンテンツウォーカーで合計80記事ほど定期的に申し込みました。
申し込み内容は1,000文字の値段、Ferretは864円、コンテンツウォーカーは「こだわり記事コース」で1,200円です。

大量にライティングを申し込む場合、注文フォームはコンテンツウォーカーよりもFerretの方がグリッドで見やすくエクセルと連動させたりしているので入力しやすいです。
コンテンツウォーカーの方は入力項目が多くて入力に時間はかかりますが細かく指示ができます。

クオリティ的にはおそらくどちらもフリーの登録されたライターがすごく安い値段でライティングしている感じでクオリティは期待していませんでしたが、予想通りどちらもオリジナリティのある内容ではなく、他サイトを参考にリライトしたレベルです。
納品ファイルはどちらも目視とシステムのWチェックでコピーコンテンツでないかチェックしているとのこと。

念のため納品ファイルを自分でもチェックしているとFerretで他サイトと丸々コピーのコンテンツをいくつか見つけてしまいました・・・。
本文中の適当な1行を検索エンジンにコピペして検索したら普通にコピー元のサイトが表示され、本当にチェックしているんだろうかと疑いました・・・。これを知らずに自分のサイトに掲載していたらかなり危ないと思います。
Ferretに連絡したところ納品後の検収期間(7日以内)を過ぎているためやり直しができないとのこと。
でも今回に限り1記事のみ特別にやり直しを受けてもらえるとのことでした。
しかし、何日経ってもやり直し分の1記事の納品連絡がないので再度連絡してみたが応答なし。そのままの状態になっています。

コンテンツウォーカーの方は丸々コピーのコンテンツは今のところ見つかっていませんが、他サイトに同じような文章構成で言い回しを変えただけというようなコンテンツが見つかったので、掲載しても問題ないレベルと思いましたが一応やり直しができないか問い合わせてみた。
コンテンツウォーカーのやり直しを受ける基準は下記。
・【執筆前にいただいた指示に対応出来ていない箇所】
・【明らかに記事タイトルと方向性と違う場合】
・【文章全体の誤字脱字・文章として不成立の場合】

今回、リライトのクオリティの問題なので上記に当てはまっているのかよく分かりませんが修正依頼期間、納品後2週間以内だったこともあり、快くやり修正してくれました。
しかも3記事依頼して翌日に再納品してくれました。

コンテンツウォーカーでも「バックリンクコース」なら1,000文字で900円なのでFerretとほぼ同額でライティングしてくれますがコンテンツウォーカーの「こだわり記事コース」が良さそうです。(2016年2月時点)

このエントリーをはてなブックマークに追加
「WEBaseとつながろう!」LINEでマーケティング情報を定期的に発信していきます。集客に興味がある方は、友達登録お願い致します。
ブログ 一覧
Contents
お知らせ 一覧
使命は集客、戦略的WEB集客サポート「WEBコンサルティング」
お試しWEBコンサルティング
完全成果報酬型SEO対策「インジーニアスSEO」
戦略的ホームページ制作・リニューアル
「WEBaseとつながろう!」LINEでマーケティング情報を定期的に発信していきます。集客に興味がある方は、友達登録お願い致します。
ページTOPへ